読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げんぱんログ

音楽と野球と物語と考えたこと

気になるMV7つ

あけましておめでとうございます

 

本年はブログをいっぱい書いて、みんなにおもろいと思ってもらえるような暇つぶしの場にできたらと思っています

 

がんばるぞー

 

 

 

気になるMVをご紹介したいと思います。

曲が良いのはさることながら、最後まで見てしまうMVをあつめました。

 

今ってPV(プロモーションビデオ)じゃなくてMV(ミュージックビデオ)と言うのがトレンドなんですね。

ロスタイムがアディショナルタイムに変わったように、言葉は常に移り変わりますね。

 

The Chemical Brothers - Believe


The Chemical Brothers - Believe.vob

 

のっけからホラー風味の少しコワいMV。

自動車工場で働いている男性が、ストレスからなのか幻覚が見えるようになる。

 ついには自動車製造ロボットの怪物に追いかけられる幻覚が見えるようになってしまう・・・。

単純明快なストーリーですが、曲の雰囲気と相まってとっても恐ろしい雰囲気です。何回も見ちゃいますね。

 

 

岡崎体育 「MUSIC VIDEO」


岡崎体育 「MUSIC VIDEO」Music Video

 

宇治の実家暮らしのミュージシャンの中では一番の実力派だと思う。多分。

年末のフェスはおかんの車で送ってもらったとか。

 

このMVは「MVあるある」を詰め込んだものです。一時期話題になったので見た人も多いかも。まじで!あるある!ってなります。これ見たあと、ほかのMV見ると「あっこれ岡崎体育言ってたやつやん」ってなります。

 

 

OK Go - I Won't Let You Down


OK Go - I Won't Let You Down - Official Video

 

世界一のMVバンドといえばOK Goという方も多いのではないでしょうか。

このMVはyoutubeで 3,000万回以上再生されている超人気動画です。

万華鏡のように俯瞰図で撮影されているダンスは圧巻です。しかもワンカットらしいです。しかも日本で撮影されています。しかも冒頭になぜかPerfume出てます。

この他にも、ピタゴラスイッチやったり、数秒の間に一気に発動させた仕掛けをスローモーションで一曲分に伸ばしたものや、廃材で音楽を奏でたり、無重力でダンスしたり、面白いMV満載のバンドです。

 

ゴールデンボンバー/死 ん だ 妻 に 似 て い る


「ゴールデンボンバー/死 ん だ 妻 に 似 て い る Full size(音声モノラル64kbps)」【GOLDEN BOMBER】

 

ゴールデンボンバーは女々しくてだけではありません。おもしろMVの宝庫であります。

この曲は、新しく出会った女性が死んだ妻に似ているという単純明快ながら切ないストーリー。ギターの喜屋武豊が死んだ妻、アイドリングの菊地亜美が現在の妻なのですが、似すぎ!途中からどっちがどっちかわからんくなりますわな。以前より似てると言われてて、ついにこのMVで共演が叶ったそうな。現代の演歌です。

「水商売をやめてくれないか」という曲も切なくてオススメ。

 

The Killers - Miss Atomic Bomb


The Killers - Miss Atomic Bomb

 

荒野のトレーラーでテレビを見ているおじいちゃん。ふと見るとドアの下に手紙が。飾ってあるバレリーナの写真を見て回想が始まる・・・。

~こっからアニメ(回想)と現実が入り混じる~

ガレージでバンドをしていた主人公。身分不相応な女性に恋をしてしまったようです。

ある夜、女性とバイクで駆け落ちします。荒野をバイクで駆けるシーンはロマンティック。

だけどある一人の金持ちそうな男性が現れます。ステージに上がれば、スター女優と、ただのバックバンドの関係。金持ち男と女性が親密な関係であることを感じ取った主人公は、用意していた婚約指輪を捨て、街を離れます。

 

女性は浮気をしていたんですね。そんなこともあったなぁ・・・。なんていうおじいちゃんの回想MV。

せつねぇですね。女性は幸せに暮らしてる感じだし、おじいちゃんはトレーラーハウスで独り身・・・。

 

Muse: Exogenesis Symphony Part III


Muse: Exogenesis Symphony Part III - HD - Redemption (video oficial)

この絵柄見たことありますよね?芸人の鉄拳のパラパラ漫画です。

イギリスのロックバンドMuseのなんと公式動画なのです。鉄拳すげぇ。

この曲と鉄拳の切ないパラパラ漫画。なんと合うのでしょう。

 Let's start over again
最初からやり直そう
Why can't we start it over again
なぜそれができないんだ
Just let us start it over again
とにかくもう一度やり直させてくれ
And we'll be good
きっと良くなる
This time we'll get it, get it right
今度はやれる、ちゃんとやれる
It's our last chance to forgive ourselves
自分自身を許す最後のチャンスなんだ

『Exogenesis: Symphony Part 3 (Redemption)』歌詞 - ANYTHING IS POSSIBLE!より

 

歌詞はこれだけ。シンプルです。

普遍的な歌詞だからこそ、鉄拳のストーリーともマッチする形になっています。

 

 セカイイチ「ぷれぜんと」


セカイイチ「ぷれぜんと」

 

最後はあったかい系。

小さい頃に読んだ方も多いと思われる「ねずみくんのチョッキ」の絵とコラボしたMV。

曲がとってもあったかくて、「ねずみくんのチョッキ」の世界観にマッチしています。

この曲好きすぎて結婚式でも使いましたねぇ。

子どもにはぜひ読み聞かせして、このMVを見せてあげたい。

こんな温かい気持ちなのに、私の社畜パソコンは「ねずみくんの直帰」と変換しました。