読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DJMJの午後はあなただけを見つめて

音楽と野球と物語と考えたこと

平成28年決定版 おもろい映画10選

 

音楽も小説もランキングしました

ほんならもはや映画もランキングつくりたいですよね?ね?

 

今年は今までの人生で一番映画を見た年だと思います。

たくさん見始めたのが10月なので遅めだったんですが、それでも人生最高本数に達しました。

数えたら25本くらい。

ほんとにこれまで映画全然見なかった人でして、私。

映画館でやってる話題のやつ観るくらいで、TSUTAYAで借りて家で一人で見るとかしたことなかったです。

 

今はチャリ3分のとこにTSUTAYAサンシャインサカエ店という大きなお店があるので、平日でも当日返却で見放題です

 

というわけで平成28年終わる前にランキングやっちゃいます

 

第10位 「キングスマン」2014年 イギリス

キングスマン(字幕版)
 

 ロンドンのサヴィル・ロウにある「キングスマン」は表向きは高級テーラーだが、実は、どこの国にも所属せずに、難事件・テロリズムを解決するスパイ組織「キングスマン」の拠点であった。

 

頭空っぽでも面白い痛快スパイ映画です。主人公エグジーがチンピラから成り上がっていく姿は月並みな展開ながら感動です。

主人公役のコリー・ファースがめっちゃ英国紳士感出してます。スタイリッシュでスーツの着こなしがこなれている。

 

 

 

第9位 「冷たい熱帯魚」 2010年 日本

冷たい熱帯魚 [DVD]

冷たい熱帯魚 [DVD]

 

  死別した前妻の娘と現在の妻。その折り合いの悪い二人に挟まれながらも、主人公の社本信行は小さな熱帯魚店を営んでいた。波風の立たないよう静かに暮らす小市民的気質の社本。だが、家族の確執に向き合わない彼の態度は、ついに娘の万引きという非行を招く。スーパーでの万引き発覚で窮地に陥る社本だったが、そんな彼を救ったのはスーパー店長と懇意のある村田だった。村田の懇願により店長は万引きを許す。さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、娘をバイトとして雇い入れる。その親切さと人の良さそうな男に誘われて、社本と村田夫婦との交流が始まる。

 

園子温監督の作品。実話をベースにしているというところが大変恐ろしい作品。個人的にはでんでんという役者が「社本さん!社本さん!」って呼びかけるシーンがトラウマ。閲覧注意でございます。なんちゅうか鬼才と呼ばれる人が作った感のある作品。人を選ぶ物語。

 

 

 

第8位 「はじまりのうた」 2013年 アメリカ

 製作した曲が映画に採用された恋人のデイヴとともにイギリスからニューヨークへやってきたシンガーソングライターのグレタだったが、デイヴの浮気により彼と別れて、友人のスティーヴを頼る。スティーブは失意のグレタを励まそうとライブバーに連れていき、彼女を無理やりステージに上げる。グレタが歌っていたところ、偶然その場に居合わせた落ち目の音楽プロデューサー・ダンの目に留まる。ダンはグレタに一緒にアルバムを作ろうと持ち掛ける。

 

素敵な映画です。冷たい熱帯魚と違って、どんな人にもオススメできる。音楽っていいなぁって思えます。

前のブログにも出ましたが、Maroon5のボーカリストアダム・レヴィーンの銀幕デビュー作。彼の演技もいいですが、やはりボーカリストとしての力を見せつけられました。ラストシーンを見てほしいです。僕は鳥肌が立ちました。

 

 

 

 第7位 「バタフライエフェクト」 2004年 アメリカ

 もはやあらすじもかけません。すべてがネタバレになる。見てください。やっぱり有名なだけあって本当に面白い。手に汗を本当に握りながら見ました。

主題歌のoasisのStop Crying Your Heart Outという曲も世界観にマッチ!!

 

 

 

第6位 「セッション」 2014年 アメリカ

 アンドリュー・ニーマンは19歳のジャズ・ドラマーである。若くして才能に恵まれるニーマンは、バディ・リッチのような「偉大な」ドラマーになることに憧れ、アメリカで最高の音楽学校、シェイファー音楽学校へと進学していた。壮大ながらも獏とした夢を抱えながら、日々孤独に練習に打ち込むニーマン。そんなある日、シェイファー音楽学校の中でも最高の指揮者として名高いテレンス・フレッチャーが彼の学ぶ初等教室へやってくる。

 

パワハラ映画です。フレッチャー先生怖い。

でも音楽家として食べていく人ってだいたいこんな感じで命削って楽器弾いているんだろうか、と想像したりしました。打ち込める何かがあるのはかっこいい。

けっこう意表を突いてくる映画だったりします。びっくり。

 

 

 

 第5位 「マンマ・ミーア」 2008年 イギリス・アメリカ・スウェーデン共同制作 

マンマ・ミーア! [DVD]

マンマ・ミーア! [DVD]

 

 舞台はギリシャエーゲ海架空の島にあるホテル。ホテルのオーナーであるドナ・シェリダンと娘のソフィーは、親子二人で仲良く暮らしていた。

そのソフィーの結婚式が明日に迫り、招待客が船で島に到着しはじめる。ドナは古い友人のロージーとターニャを迎えに行き、久し振りの再会に大喜び。そこである秘密を知ってしまう・・・。

 

これも誰にでも進められるハッピームービーです。ミュージカルなのでやはり曲が素晴らしいです。ABBAの曲をベースに作られた物語。誰にでも聞き馴染みのあるABBAの曲が随所に散りばめられています。

この映画を見る前はスプラッターとかホラーとか殺人事件の起こりまくるやつばかり見ていたので、最初の方で「Honey Honey」という曲を歌いながら女の子達が駆け回るシーンを見たとき、、あまりの明るさに(本当に少し)めまいがしてクラクラきました。

あとは「Our Last Summer」という曲が出てくるシーンも素敵なので必見です。

 

 

 

第4位 「シックスセンス」  1999年 アメリカ

シックス・センス DVD

シックス・センス DVD

 

  これもあらすじが書けません。第六感を持つ男の子と小児科医のおはなし。

 そうです。僕はこんな有名作品をも観てないくらい映画を見ない人なのです。よく3ヶ月ほどで25本見た。

 おもろいから見て!!!

 

第3位 「オールドボーイ」 2003年 韓国

 ごく平凡な生活を送っていたオ・デスはある日、突然誘拐され、15年間監禁された。解放されたデスが、自分が監禁された理由を解き明かすために奔走する5日間の物語。

 

韓国映画。ナメてました。

皆さん!ナメてるでしょ!韓国映画

この韓国独特の感情表現は邦画では見られません。オ・デスの怪演まじすごい。先が全く読めない展開も素敵。あのビルでのあのラストシーンはガチで衝撃を受けました。オ・デスのハンマーで殴られたみたい。

ヒロインのカン・ヘジョンが可愛いです。サービスもあるよ。

f:id:gkpd:20161230020947j:plain

 

 

 

第2位 「シング・ストリート 未来へのうた」 2016年 アイルランド

 サエない日々を送っていた少年がバンドを組み、ストリートや海辺でミュージック・ビデオのゲリラ撮影を重ねるうちに 、年上の女性との切ない恋と、それぞれが家庭に問題を抱えたメンバーたちとの胸を打つ友情が加速していく。

 

音楽映画です。胸キュン青春映画でもあります。コナーの思春期特有の思いが溢れ出てて、それが曲に反映される。

曲ができる過程が描写されてて、そのできていく様が本当に素敵です。みんなピュアで、傷つきやすい。そんな不安定な時期だから素敵な曲が生まれるのかもしれません。

名古屋のミニシアターで珍しく見に行きました。一生忘れない思い出の映画です。サントラは必須です。

 

 

 

第1位 「セブン」 1995年 アメリカ

セブン (字幕版)

セブン (字幕版)

 

 キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンス[3]。先鋭的な映像センスと、ノイズを活用した音響により、シリアスかつダークな独特の世界観を描いている。

 

たまげた。この一言です。まじで見てください。2chでも評判なわけだ。生まれて初めて一回のレンタル期間中に2回見ました。最初っから最後まで気が抜けない感じが最高。すべてのサスペンス(宙吊りにされるの意)はかくあるべしです。

 

 

 

 

 感想:ネタバレせずに感想書くの難しい。後悔させないのでみんな↑見てね。